【東大生が書いた】センター地理B最速攻略法の使い方・レベル・評価・勉強法

こんにちは!東大理科2類1年のファッフォイです!

この記事では、「センター地理B最速攻略法」について、

「どんな参考書?」

「レベルってどれくらい?」

「自分に適した参考書かな?」

「どう使うのが効率的かな?」

「この参考書が終わったら次は何をすればいい?」

などといった、皆さんが知りたい情報について全て掲載しています。ぜひ最後までご一読ください。

参考書の概要

参考書の概要

この参考書は、旺文社から出版されたもので、著者は、駿台予備校地理科講師の宇野仙さんです。

参考書のコンセプトとしては、

最速でセンター地理Bを攻略する

という事なので、かなり良くまとまっています。

全体は4つの章に分かれていて、

1章:流れと因果関係で理解する

2章:統計データで理解する

3章:系統地理と地誌の相関関係で理解する

4章:ゴロで暗記する

という風になっています。

章はさらに分野に分かれていて、各分野の構成としては、多くの場合次のようになっています。

左ページでまとめや説明があり、右ページにはその知識を使う過去問がある

参考書自体の評判は、自分の周りでは自分以外に使ってる人を見たことないのであまりわかりませんが、東大地理対策で有名な↓の参考書も書かれており講師の評判は良いです。

難易度やレベルおよび対象者

対象者

本書の商品説明では下記のように紹介されています。

★短期間で効率よくセンター試験・地理Bで高得点を狙う対策書
・夏休みまでに地理の勉強は一通り終えたけど、模試の点数が伸びない!
・大学入試センター試験・地理Bであと10点取りたい!
・大学入試センター試験・地理Bで80点以上を目指している!
そんな受験生にピッタリの内容です。
旺文社

難易度はセンターレベルで、過去問として出題される問題は、少しクセがあってただ暗記するだけでは解けないようなものもあると思います。

ただ、左ページの説明はとてもわかりやすく、納得できるものなので、初学者でも全然理解できると思います。

対象者としては、センター地理Bを受けるが、試験まであまり時間がない人です。

時間がある場合には、より深い理解を出来る可能性があるので、別の参考書を使うのが普通だと思います。

時間があっても、短期間でマスターしたいのであれば、この参考書を使っても良いと思います。

使用目的

使用目的

この参考書を利用する目的は、短い期間で地理Bの勉強が出来るという事です。

しかし、短期間だからといってひたすら知識を暗記するのではなく、しっかりと理解する事ができます。

いつから取り組むべきか?

取り組む時期

この参考書は短期間で地理Bを勉強出来るため、センター試験1ヶ月前などに、過去問を解きながらも総復習をしたいという場合に取り組むと良いと思います。

使い方・勉強法

対策

先ほどの項でも述べましたが、この参考書はセンター試験の過去問と併用して、総復習をする、または過去問を解いていて足りないと思う知識を確認するように使うのが良いと思います。

また、この参考書は非常に小さく、薄いので、持ち運びに便利なので、行き帰りの電車などでも手軽に取り出して、読む事が出来るかと思います。

机を使って勉強する時間では過去問を解き、机を使えない登下校の時間などにこの参考書を読む、というのが最も効率の良い地理の勉強方法だと思います。

右ページの問題は、当然答えを見ずに考えてみて、解き方が間違っていた場合には解説を読んで次に同じような問題が出た時に気をつけましょう。

左ページの説明は、因果関係がかなりはっきりした説明がなされていると思うので、自分の頭でしっかりと理解して、その説明を自分が出来るくらいにしましょう。

この参考書の次に取り組むことは何か?

次に取り組むべきこと

おそらくこの参考書を使うのは、センター試験前の時間がない期間だと思うので、この参考書をセンター過去問と並列して使い、受験当日まで持っておくのが良いと思います。

もしこの参考書をマスターしたとするならば、過去問演習に集中しましょう。

センター地理では問題演習が非常に重要です。授業などで得た知識は、そのまま問われるのではなく、複数の知識を組み合わせて1つの問題を解く、という事を、問題を解きながら感じて欲しいからです。

また、自分なりに過去問の傾向を見出す事もして欲しいです。

特徴

この参考書について、良い点と悪い点をまとめてみましょう。

良い点

・著者は駿台講師

・短期間で出来る

・薄くて小さいので、持ち運びに便利

・得た知識を使って過去問が解く体験ができる

悪い点

・この参考書だけでは網羅出来るか不安

・大枠を理解出来るが、細かい部分は省略されている所もある

まとめ

地理Bを受験のために勉強するとして、長い期間をかけられるのであれば、もう少し分厚い参考書を使って、詳しくやる方が良いと思います。

しかし、分厚い参考書をやっていても、受験が近づいているのにイマイチ点数が取れない、という事もあるかもしれません。

そういう時はおそらく、地理の知識がわかっていても、地理の問題の解き方がわかっていません。

この参考書では、知識の確認と共に、過去問を解くという体験ができます。

その解説を読めば、地理が得意な人がどのように問題を解いているのかがわかるようになるかもしれません。

勘で地理の問題を解く事は早々にやめるべきです。

地理的な問題処理能力を身につけて、センター試験で高得点を取れるようにしましょう!





ファッフォイ

投稿者の記事一覧

東京大学教養学部理科2類1年。

大学では体育会系の部活動に所属。

公立の中学、高校出身。

高3の6月末まで部活をやっていたため模試ではE判定しか取ったことが無かったが、引退後に勉強を始めて現役で東大に合格。

関連記事

  1. 【東大生が書いた】センター地理Bの点数が面白いほどとれる本の使い方・レベル・評価・勉強法 【東大生が書いた】センター地理Bの点数が面白いほどとれる本の使い…
  2. 【地理】 参考書のレビュー 【地理】参考書の使い方・勉強法・評価・レベル【大学受験】
  3. 【東大生が書いた】地理B論述問題が面白いほど解ける本の使い方・勉強法・評価・レベル 【東大生が書いた】地理B論述問題が面白いほど解ける本の使い方・勉…
アマゾンギフト券2000円が当たる読者アンケート企画を毎月実施中!

StudyFor.ではアマゾンギフト券2000円分が抽選で5名に当たる読者アンケート企画を実施しています。

締め切りは毎月月末となっています。

アンケートは約5分で終わりますので、ぜひともご参加ください!

アンケートはこちらから記入できます。

読者アンケート

おすすめ記事

【短期間独学で偏差値30→70】漢文のおすすめ参考書と勉強法【大学受験】 【短期間独学で偏差値30→70】世界史のおすすめ参考書と勉強法【大学受験】 E判定連発でも慶應に逆転合格。受験勉強のやる気の出し方 【短期間独学で偏差値30→70】英語のおすすめ参考書と勉強法【大学受験】 予備校に通うべき?予備校の上手な使い方やメリットとデメリットについて

勉強法

国語の勉強法 英語の勉強法 数学の勉強法 世界史の勉強法 日本史の勉強法 地理の勉強法 化学の勉強法 物理の勉強法 生物の勉強法 小論文の勉強法

参考書のレビュー

国語参考書のレビュー 【英語】 参考書のレビュー 【数学】 参考書のレビュー 【世界史】参考書のレビュー 【日本史】 参考書のレビュー 【地理】 参考書のレビュー 化学の参考書のレビュー 【物理】 参考書のレビュー
PAGE TOP