スタディサプリ 動画映像授業

【学習のプロ集団が教える】スタディサプリの効果・評判・口コミ【高校・大学受験講座】

投稿日:2017年8月27日 更新日:

こんにちは、StudyFor.編集部です。

私たち編集部のメンバーは予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)で構成されており、学習指導および学習のプロとしての視点からスタディサプリの「メリット」・「デメリット」・「費用」・「口コミや評判」などについて記します。

この記事の要点
1:スタディサプリのメリットは

  • 月額980円という塾の約50分の1の料金
  • 講師陣は大手予備校の人気講師を引き抜いているため、授業の質が高い
  • 基礎から応用まで授業が用意されているため、レベルに応じた学習が可能
  • 理解できるようになるまで何度でも繰り返し授業を受けることが出来る
  • 「小学・中学・高校・大学受験」のすべて授業が受け放題
  • 大学受験生向けに「センター試験対策」と「志望校対策」が用意されている

2:スタディサプリのデメリットは

  • 月額980円のプランだと、授業で分からない箇所の質問ができない
  • 授業を受けるにはスマホやPC、タブレットなどの端末が必要
  • 動画の通信料が大きいためwifiなどのネット環境の整備が必要

3:2018年6月時点の有料会員数は33.3万人であり、映像授業の定番となっている

4:スタディサプリだけで志望大学や志望高校に合格することは可能

5:学生以外でも利用可能

6:メリットだけでなくデメリットもあるが、デメリットは学習者自身が解決可能

7:2週間の無料体験をやっているので、まずは体験してから、利用を継続するか決めるとよい

8:さらに今ならこのページから申し込んだ方はお得な2000円キャッシュバックが受けられる

それではスタディサプリの

「メリット・デメリット」

「効果・評判・口コミ」

「契約前に気になる疑問や不安」

「どこで申し込むのが一番お得なのか」

について詳しく記していきます。



目次(項目をクリックするとジャンプできます)

そもそもスタディサプリってどんなサービス?

スタディサプリとはリクルートという会社が運営する「動画で授業を受けられるサービス」のことで、スタディサプリには「小学生・中学生・高校生・大学受験生向け」「TOEICを受ける人向け」などいくつか種類があります。

ここでは、「小学講座・中学講座・高校講座・大学受験講座」について紹介していきます。

また、スタディサプリなどの「映像授業」について詳しく知りたい方は↓をご覧ください。

【おすすめは?】映像授業のすべてが分かるページ【見ないと損する】
映像授業は本当に効果がある?メリット・デメリットを徹底解説

授業の料金はいくら?

「小学講座・中学講座・高校講座・大学受験講座」の料金は全て合わせて月額980円です。

テキスト代はいくら?

スタディサプリではテキスト代は980円の料金の内には含まれていません。テキスト代は別途1冊あたり1200円(税込み・送料込み)かかります

テキストは購入せずとも無料でダウンロードはできるため、必要に応じて印刷することも可能です。

またテキスト代はキャンペーンで安くなることが多々あるため、キャンペーンまで待って購入するのもよいでしょう。

メリット・デメリットの評価と口コミ

ここからはスタディサプリの「メリット・デメリット」の評価とそれに関する口コミについて記していきます。

またGooglePlayストアとAppleストアに書かれているレビューや口コミのうち、「役に立つ」or「いいね」の数が多いものを紹介します。

メリット

月額980円という塾の約50分の1の料金

出典:スタディサプリHPより

塾や予備校に通った場合、1年間で平均約50万円の費用がかかります。

しかしスタディサプリを使った場合、1年間で約1万2千円の費用で済みます。

この差は約49万円と非常に大きい金額になるのです。

↓アップルストアでの口コミ↓

勉強と部活の両立なんて無理と思ってた。あたしが偏差値20あげるなんて到底諦めてた。
このアプリに出会えてとても感謝しています。
まずは神ってる講師陣。みなさん、ガチで分かりやすいし聞いているだけでほんまに頭良くなっているような気さえします。あと嬉しいことに動画はオフラインでもダウンロードすれば視聴可能。学校と提携していれば1年間で神授業見放題の9000円のみ。塾って毎月いくらかかってますか?ってはなし…。
アップルストア

↓GooglePlayストアでの口コミ↓

ネット環境さえればどこにいても、授業を何度でも受けられます。さらに、教えている講師は皆超一流でとてもわかりやすいです。それが月額たったの980円。個人的に塾や予備校よりも圧倒的に良いです。
GooglePlayストア

講師陣は大手予備校の人気講師を引き抜いているため、授業の質が高い

「そんなに料金が安いということは、授業の質が低いのではないか?」と疑問を抱く方もいらっしゃると思います。

これに関しては安心してください。

そこらへんの塾や予備校よりもスタディサプリの方が授業の質は高いです。

なぜなら、スタディサプリの講師陣は大手予備校などの人気講師をスカウトして構成されているため、受験界で無名の講師よりも圧倒的に授業の質が高いです。

講師陣に関してはスタディサプリのホームページにプロフィールが載っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ここではスタディサプリの講師の中でも代表的な「関正生」先生を紹介します。

関先生は英語講師であり、大学在学中から予備校の英語講師を務め、全国の予備校で250人の教室を毎回満席にし、生徒たちは関先生の授業を受けるために朝6時から授業の整理券に並ぶというまさに伝説の講師です。

また代表的な著書の「世界一わかりやすいシリーズ」などの参考書を手掛け累計発行部数は70万部を超える人気です。

↓こちらが関正夫さんの授業動画です。絶対に見てください。

見ていただければ、この人の授業を受けてみたいと思うはずです。保護者の方も学生の時に、この人に教わりたかったと思うはずです。

↓関正生さんについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓アップルストアでの口コミ↓

下手な予備校行くより全然いいです。
特に、英語の関先生と肘井先生はわかりやすい!!
河合塾マナビスに行こうとしている方、また東進で英語をやろうとしている方は、こちらの方が有能(実体験済み)なので、オススメします。
また、過去問などもダウンロード出来るので、とてもオススメ!
アプリ自体は、講座のダウンロードができる点が素晴らしい、外で通信量を気にする必要がありません。
アップルストア

基礎から応用まで授業が用意されているため、レベルに応じた学習が可能

スタディサプリでは同じ単元(例えば数学の1次方程式など)でも基礎から応用まで、レベル別の授業が用意されています。

ですので、学習者一人一人のレベルに応じた授業を受けることが可能です。

例えば、苦手な単元は「基礎」の授業を受けた後に「応用」の授業を受ける。また、得意な単元は「応用」の授業だけを受けることが可能です。

もし塾や予備校であれば、1つの単元に関しては基礎から応用のどちらか一方しか受けることが出来ない(入学時のコースでどちらを受けるか設定される)のが一般的ですが、スタディサプリでは両方受けることが出来ます

理解できるようになるまで何度でも繰り返し授業を受けることが出来る

スタディサプリでは同じ授業動画を何度でも繰り返し見ることが出来ます。

さらに動画を一時停止したり、再生速度を速くしたり遅くしたり、巻き戻りしたりといった調整が可能です。

もし塾や予備校であれば、聞き逃してしまったり、先生が説明するスピードに自分の理解のスピードが追い付かず、授業の内容が理解できないことがあります。

ですが、スタディサプリではこの心配は一切ありません。

↓GooglePlayストアでの口コミ↓

化学が学校の授業では理解できないのでスタディサプリで1からやり直しているのですが、全てをあいまいにせず解説してくれるので1度ノートを取りながら映像を見るとその後復習しなくても模試の偏差値が安定して60いくようになりました。テキストを買わなくても見られるのも助かります。
GooglePlayストア

「小学・中学・高校・大学受験」のすべて授業が受け放題

スタディサプリでは「小学講座と中学講座と高校講座と大学受験講座」はセットになっているため、「過去の学年の復習」「先の学年の先取り・予習」が可能です。

例えば高校生の方は高校の授業だけでなく、小学校や中学校の授業も受けることが可能です。

これも塾や予備校では受けることが出来ないサービスです。

また勉強が苦手な人の多くは、基本的なことが分かっていないことが苦手の原因です。

例えば、数学が苦手な高校生はそもそも中学校で習った内容(が分かっていないことが多いです。

このような高校生はスタディサプリを使えば、中学数学を基礎から復習することが出来ます。

ですので、勉強が苦手な人はスタディサプリを使うことをおすすめします!

また、先の学年の学習内容を学べるため、どんどん先取りしたい人にもおすすめです!

大学受験生向けに「センター試験対策」と「志望校対策」が用意されている

スタディサプリでは高校生・大学受験生向けに、「センター試験対策講座」と「志望校対策講座」が用意されています。

これらは月額980円の料金に含まれているため、別途料金が発生することはありません。

「センター試験対策講座」では全科目のセンター試験対策講座が用意されています。

「志望校対策講座」では大学ごとの入試傾向を反映した対策講座が用意されています。

↓志望校対策講座の一例

【国公立大学】
北海道大学、東北大学、東京大学、一橋大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、その他難関国公立大学、その他国立大学

【私立大学】
早稲田大学、慶應義塾大学、関東難関私大、南山大学、関西難関私大、その他私大

英検や簿記などの資格対策講座もある

スタディサプリでは資格対策講座が用意されており、これも月額980円の料金に含まれています。

資格対策講座には英検対策(二級・準二級・三級)やTOEIC対策、簿記対策、公務員対策が用意されています。

デメリット

ここまでメリットを紹介してきましたが、塾や予備校にデメリットがあるようにスタディサプリにもデメリットがあります。

月額980円のプランだと、授業で分からない箇所の質問ができない

スタディサプリでは授業で理解できなかった個所を質問することが出来ません。

月額980円という料金であるため、これは仕方ないとも言えます。

ですが、質問をしたいときは以下の2つの方法で解決可能です。

1つはヤフー知恵袋などで他人に質問するということです。

学校の先生や友人、親だけでなく、ヤフー知恵袋やツイッターなどで質問することで解決が可能です。

もう1つは月額980円ではなく月額9800円の「合格特訓プラン」というコースを利用する方法です。

このコースでは学習者に専属のコーチがつき、学習スケジュールの作成をしてくれたり、相談をすることもできます。

このように授業で理解できない箇所があっても、それを解決する方法はあります。

授業を受けるにはスマホやPC、タブレットなどの端末が必要

スタディサプリではインターネットを通して動画を閲覧するため、スマホやPC、タブレットなどの端末が必要です。

ご家庭によってはお子様に、これらの端末を持たせていないこともあるでしょう。

ですが、授業を受けるうえで必ず必要になります。

もしお子様によるスマホの使い方が不安であれば、スマホの設定で利用時間などを制限するとよいでしょう。

動画の通信量が多いためwifiなどのネット環境の整備が必要

上述の通り、スタディサプリではインターネットを通して動画を閲覧するため、通信量が非常に多いです。

ですので、基本的にはご家庭にwifiを設置する必要があります。

通信量を気にしなければ、いつでもどこでも場所を問わず利用できますが、通信量のことを考えると利用場所は自宅やカフェなど場所が制限されます。

ですが、動画はダウンロードできるため、そうすれば好きな場所で好きな時に授業を受けることが出来ます。

もしダウンロードせずに自宅の外で授業を受けたいのであれば、持ち運び式のポケットwifiを使うとよいでしょう。

メリット・デメリットを比べるとメリットの方が大きい

さて、ここまでメリットとデメリットを記してきましたが、両者を比べるとメリットの方が大きいと思われた方が多いと思います。

「塾や予備校よりも質の高い授業が月額980円で受け放題」というメリットが一番大きいです。

1年間という期間で考えると「塾や予備校の費用(約50万円)」よりも「スタディサプリの費用(約1万円)+wifiの費用(約6万円)+スマホの費用(約10万円)」の方が安いですからね。

*wifiは月に5千円、スマホ料金は月に8千円とした場合。

さらにスタディサプリは映像授業サービスの定番と言える、下記の実績を誇っています。

2018年6月時点で、有料会員数が33.3万人運営会社リクルートの決算書にて公表)

2016年3月時点で、全国約5,000の高校のうち約700校で導入総務省のレポートにて運営会社リクルートが公表)

もしスタディサプリを使うか迷っているのであれば、今なら14日間無料体験をやっているのでとりあえず体験してみることをおすすめします。

さらに今このサイトから申し込むと、お得な2000円キャッシュバックを受けることが出来ますよ。

スタディサプリは効果があるのか?

結論から言うとスタディサプリを使って学習能力が向上するという効果はあります

ただし、一点注意があります。

それはスタディサプリに限らず予備校や塾などと同じで、「授業を受けるだけ」では効果は期待できません。

学習者本人に学ぶ意欲と努力があればスタディサプリは予備校や塾と同様以上の効果を最大限に発揮します

これは先ほど紹介したスタディサプリの実績からもお分かりだと思います。

スタディサプリには成績向上の効果があるということを、受験のプロである我々StudyFor.編集部が自信を持って断言します。

スタディサプリだけで合格は可能か?

はい、可能です。

スタディサプリだけで東京大学や早稲田大学、慶應義塾大学など難関大学に合格した人は多く、スタディサプリのHPから合格体験記を見ることが出来ます。

↓詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。


スタディサプリだけで医学部に合格できるか?塾との併用は必須か?

「合格特訓コース」と「LIVE講習」で映像授業のデメリットを解消

高校生は月額980円の通常コースではなく、「月額9800円コースの合格特訓コース」または「1講座9800円のLIVE講習」に入会することで映像授業のデメリットを解消出来ます。

「スタディサプリの良さは分かったけれど、やはり映像授業のデメリットである”質問が出来ないこと”や”学習者自身で学習スケジュールを管理する必要があること”などが不安

と感じられている方も多いと思います。

そのような方には、このデメリットを解消する「月額9800円の合格特訓コース」と「LIVE講習」がおすすめです。

合格特訓コース

この合格特訓コースでは通常コースに比べて次の4つのサービスが加わります。

1:学習者にコーチ(担任)がつく
→受験勉強の不安や進路のことについて相談に乗ってくれます。

2:コーチが学習スケジュールを作成して、毎週のやることを明確にしてくれる
→成績向上・志望校合格のために「いつまでに、何を学習する」といった学習スケジュールをコーチが作成してくれるため、学習者は自分自身でスケジュールを作成する手間が省けます。

3:コーチが日々の学習をチェックし、学習の進み具合を管理
→毎日の学習状況をコーチに報告する必要があるため、学習者は学習をさぼりにくくなります。

4:勉強で分からないことはコーチに質問できる
→授業で分からないところがあればすぐに質問し、すぐに疑問点を解消することが出来ます。

これらのサービスが加わることで、映像授業のデメリットが解消されます。

この合格特訓コースは、通常の月額980円に比べるとすごく高額に思えますが、それでも塾や予備校と比べると年間5分の1の費用で済みます。

*月額9800円の合格特訓コースは年間で約12万円、塾や予備校の年間平均費用は50万円

もし通常コースが不安という方は合格特訓コースを検討してみてはいかがでしょうか?

申込みは通常コースと同様にスタディサプリのHPから可能です。

↓合格特訓コースについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

LIVE講習

スタディサプリでは夏・秋・冬に行われる生放送の「LIVE講習」が用意されています。

講座の内容は最新の入試状況を反映した「センター試験対策」や「○○大学対策講座」があります。

料金は、

1講座・・・9800円

夏期講習受け放題・・・29800円

秋期講習受け放題(21講座)・・・39800円

冬期講習受け放題(41講座)・・・39800円

ですが、今なら月額10000円払うことで夏・秋・冬の全講習が受け放題になります。

LIVE受け放題

LIVE講習の特徴としては、下記の3つがあります。

1:授業中にチャットで講師に質問できる
→講師はチャットの様子を見ながら授業を行うため、分からないことがあればすぐに質問できます。(質問が多い場合はすべての質問に返事できないことがあります)

2:最新の入試状況を反映した「センター試験対策」や「大学別対策講座」が受けられる

秋期講習の一例:

早慶上智 英語 / 早慶上智 古文漢文 / 早慶上智 現代文 / 早慶上智 数学 / 難関私大 英語 / 難関私大 古文漢文 / 難関私大 現代文 / 難関私大 数学 / 難関国公立 英語 / 難関国公立 古文漢文 / 難関国公立 現代文 / 難関国公立 数学 / 一般国公立 英語 / 一般国公立 古文漢文 / 一般国公立 現代文 / 一般国公立 数学
スタディサプリ

冬期講習の一例:

センター英語 / センター数学IA対策 / センター数学IIB / センター現代文 / センター古文漢文 / センター化学 / センター生物 / センター物理 / センター現代社会 / センター政治経済 / センター日本史B / センター世界史B / センター地理B / センター倫理

早慶上智 英語読解 / 早慶上智 英文法 / MARCH 英語読解 / MARCH 英文法 / MARCH 古文漢文 / MARCH 現代文 / 関関同立 英語読解 / 関関同立 英文法 / 文系私大 英語読解 / 文系私大 英文法 / 理系私大 英語読解 / 文系私大 古文漢文 / 文系私大 現代文 / 理系私大 英文法 / 最難関国公立 英語 / 難関国公立 英語 / 難関国公立 英語

スタディサプリ

3:生放送なので緊張感を持って授業を受けられる
→生放送では巻き戻しや一時停止は出来ず、授業に緊張感があるため、集中して授業を受けることが出来ます。また、見逃しても録画放送が生配信の後に配信されるので、何度でも見直すことが出来ます。

↓LIVE講習について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

よくある質問

学生ではない人(社会人)でも利用可能か?

はい利用可能です。

学生だけでなく、社会人の方で学びなおしのためにスタディサプリを利用されている方は数多くいます。

講座の内容やレベルはどのようなものがある?

講座は日々追加されているため、最新の講座一覧を知りたい方はスタディサプリのHPをご覧ください。

学校の授業の進度に合わせて受講可能か?

はい、可能です。

各講座ごとに単元名が記載されているので、学校の教科書の単元と照らし合わせながら受講することで、学校の進度に合わせた学習が可能です。

学習者が二人いる場合、支払い料金も二人分になるのか?

はい、二人分の料金を支払う必要があります。

利用者の中には複数のお子様をお持ちの家庭で、一人分の料金でお子様全員が利用している家庭もありますが、これは利用規約に反しているためお勧めできません。

なるべく安く利用したいお気持ちも分かりますが、利用規約に反した行いをすると、利用するたびに罪悪感を感じてしまいますし、お子様からの尊敬や信頼を失いかねません。

ですので必ず人数分の料金(一人分の料金は月額980円)を支払いましょう。

iOSアプリから申し込むよりもWebから申し込んだ方が安い理由はなぜか?

iosアプリ(apple store)から申し込む場合は、apple storeの仲介手数料がかかるためです。

一番安く申し込む方法は、スタディサプリのHPから申し込むことです。

さらに、↓の広告から申し込んだ場合はキャッシュバックなどのお得なキャンペーンに応募することが出来ますよ。

授業の画質は鮮明か?

はい、板書の文字がしっかりと鮮明に見えます。

気になる方は無料で体験できるので、ぜひ授業動画をご覧ください。

スマートフォンでの通信量はどれくらいか?

低画質モード(500kbps)の場合は、80分で300MBです。10分あたりに換算すると37.5MBです。

高画質(1,000kbps)の場合は、80分で600MBです。10分当たりに換算すると75MBです。

スタディサプリと塾や予備校の活用は可能か?

はい、可能です。

科目によってスタディサプリで受講するか、塾や予備校で受講するかを使い分けている人はいます。

返金や保証はある?

スタディサプリには万が一サービスに満足できなかった場合の返金システムがあります。

例えば、12ヵ月払いでお金を支払い、4ヵ月の利用で退会する場合、支払い分と利用分の差額が返金されます。

返金システムが用意されているため、万が一サービスに満足できなかった時も大きな損失が出ずに済みます。

お得なキャンペーンに応募する方法

スタディサプリを利用する際にお得なキャンペーンに応募する方法はこのサイトから申し込むことです。

このサイトから申し込んだ方は今だけ限定でお得な2000円キャッシュバックを受けることが出来ます。

また無料で14日間体験することも可能ですので、迷っているのであればまずは体験してみてはいかがでしょうか?

↓スタディサプリの登録方法が分からない方はこちらをご覧ください。

関連記事

-スタディサプリ, 動画映像授業

Copyright© Study For.(スタディフォー) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.