通信教育・映像授業

チャレンジタッチ(進研ゼミ小学講座)が発達障害のお子様におススメな理由

投稿日:2021年1月23日 更新日:

こんにちは!Study For.編集部です!
※Study For.編集部は複数人の塾講師など教育関係者によって構成される編集部です

この記事では、

「チャレンジタッチって何?」

「授業や講師の質はどう?」

「料金や費用は?」

「評判や口コミはどう?」

「発達障害や学習障害の子供にもおすすめ?」

「お得なキャンペーンは行われている?」

「どうやって登録するの?」

などといった、皆さんが知りたい情報について全て掲載しています。ぜひ最後までご一読ください。

 

↓進研ゼミ小学講座について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

スタディサプリが無料体験実施中
月額1,815円~実力ある有名講師の授業だからとても分かりやすい大人気の小学講座!さらに授業は1回15分だから飽きずに集中して楽しく学べる!"スタディサプリが『2週間無料体験』を実施中です!

詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法【最大1万円のキャッシュバックあり】をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【最新2021年8月】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報【キャッシュバック】をご覧ください

チャレンジタッチ(進研ゼミ小学講座)とは

チャレンジタッチとは、ベネッセコーポレーションが行っている通信教育講座(進研ゼミチャレンジ講座)の内容をタブレットで受講する、デジタル学習教材です。

毎月、タブレットに子どもの学年や習熟度に応じた学習講座が自動的に配信されるシムテムになっているので、面倒な設定やデータダウンロードなどは一切必要ありません。

また、解いたその場で自動採点・解説を行ったり、音声や映像で理解を助けたりなど、紙媒体での教材ではカバーしきれない、デジタル教材の利点を生かしたプログラムになっています。

発達障害のお子様にチャレンジタッチが向いている理由

発達障害のお子様をサポートする専門サイトが用意されている

チャレンジでは発達障害支援サイトが用意されている

チャレンジ公式HPより引用

発達障害や、発達障害と思われる特性のある子どもや家族をサポートする「発達障害支援サイト」が用意されていることも、チャレンジタッチをおすすめする理由の一つです。

発達障害の子どもを持つ親にとって、「学習を含め、子育ての大変さをなかなか他の人に理解してもらえない」ということが、非常に大きな心理的負担になりますよね。

このサイトでは、同じく発達障害の子どもを持つ親からの相談に対して、親身になってアドバイスされていたり、ケースに応じた学習方法の提案がされています。

他にも同じような悩みを持った方がいること、1人で悩まなくてもよいことも知るだけでも、少し心が軽くなるのではないでしょうか。

実際に子どもの学習方法について悩んだときに、他の方の質問と回答を参考にしたり、質問されるとよいと思います。

集中力が持続する時間が短くても学習が可能な仕組みが用意されている

学習プログラムは一日10~15分と短時間で履修できるため、集中力のコントロールが難しく集中力が切れやすい発達障害の子どもでも、無理なく学習を続けることができます。

一問正解するたびに褒めたり励ましたりする演出があったり、後述するプレゼントをもらうためのコインがもらえたりと、集中力ややる気をアップさせるための工夫も凝らされています。

また、他の勉強法だと、ノートや筆記具の準備や片づけなどで時間をとってしまったり、それが嫌でやる気をなくしてしまったりということもあります。

その点、タブレットさえあれば一日の隙間時間でも手軽に学習できるため、準備や片づけに手間取ることなく利用できるのも魅力的です。

動画や音声での解説だから分かりやすく、文字をじっくりと読む必要がない

発達障害の子どもの中には、耳で聞くだけだと内容が理解しにくかったり、文字や絵だけだと場面が想像しにくかったりということも多々あります。

その点、デジタル教材では動画や音声で解説されているため、文字だけよりもずっと理解がしやすく、文字をじっくりと読まなくても直観的に理解ができます。

また、動画のように動くものというのは、子どもの興味を引きやすく、集中力も持続しやすいというメリットもあります。

子どもがアニメ大好きでなかなかTVから離れない、というのもこのためです。

さらに、「学校の先生の話だけだと理解できない」、「教科書の文章だとイメージできない」、というときの補助教材としても活用できます。

楽しみながら学習できるゲーム機能やプレゼント制度が準備されている

学習のプログラムの中には、楽しみながら学べるようにゲーム機能が備わっているものもあります。

このゲーム感覚で学べるというところが、非常に良いシステムで、「問題をクリア」→「レベルアップ」というように、短いスパンで達成感が得られるため、勉強に苦手意識をもつ子どもでも、抵抗なく手を付けることができ、自信にもつながりますよ。

また、問題に正解すると「ジュエル」が貰え、欲しいプレゼントと「ジュエル」を交換するプレゼント制度もあります。

発達障害の子どもは、集中力が切れやすいというだけでなく、好きなことや目的のためには素晴らしい力を発揮する面も持っているので、頑張った分だけご褒美があるというということが分かれば、自ら継続して勉強をしてくれるでしょう。

何を隠そう、私自身もこのプレゼント欲しさに親にチャレンジをやりたいとせがんで、小学校6年間継続することができたのです!(チャレンジパッドはまだない時代です。)

チャレンジタッチの料金

※1 料金は時期によって異なる可能性があるため、最新情報は進研ゼミ公式HPでご確認下さい
※2 受講開始月を4月とした場合の料金です

毎月払い 6か月一括払い 12か月一括払い
1年生 2980円 3300円(計:19800円) 2980円(計:35760円)
2年生 3680円 3300円(計:19800円) 2980円(計:35760円)
3年生 4490円 4200円(計:25200円) 3740円(計:44880円)
4年生 4980円 4780円(計:57360円) 4430円(計:53160円)
5年生 5980円 5750円(計:69000円) 5320円(計:63840円)
6年生 6440円 6190円(計:74280円) 5730円(計:68760円)
 

↓進研ゼミ小学講座について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

発達障害のお子様を持つ親御さんによる進研ゼミの評判や口コミ

問題を解いてすぐに答えが出るというのも、正解なら達成感があるし、間違えなら分からないままにせず、すぐに解説をみて理解できるから良いですよね。

絵や映像も多く、目で見て分かりやすいというのも、やはり高評価のようです。

発達障害では、分からないことがあってもすぐに忘れてしまったり、口で説明することが難しいという特性もあるので、タブレット端末で写メして聞けるというのは、非常に良いサービスですね。

これもタブレット教材ならではのサービスと言えます。

私が思うに、楽しいからこそ学びたいという意欲がわいてくるものだと思います。

その点、チャレンジの教材は、ゲーム機能やプレゼント制度があったり、キャラクターが褒めてくれたり、子どもを楽しませることを大事にしていますよね。

そのような、自分から学ぶ意識を育てるためのシステムこそ、チャレンジパッドの魅力ではないでしょうか。

チャレンジタッチのお得なキャンペーン情報

無料で体験・お試しと資料請求が可能

チャレンジタッチでは資料請求(無料)をすると学習サービスについて詳しく説明した資料に加えて、体験教材が送られてきます。

入会前にお試しをして、お子様と相性が良い教材であるかを確認することをおすすめします。

お申し込みは下記リンクから可能です。

 

↓進研ゼミ小学講座について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

兄弟割引制度

進研ゼミ会員の方がお友だちやご兄弟 (新規入会のかた) を紹介するとプレゼントがもらえるお得な制度があります。

ご入会される方もご紹介される方もどちらもプレゼントがもらえます。

プレゼントは選ぶことができて、お二人分のプレゼントがご入会した方のところへ届きます。

-通信教育・映像授業

Copyright© 小学生のための学習メディア StudyFor. , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.