物理

【最強の参考書】「新・物理入門」の使い方・レベル・評価・勉強法

投稿日:

こんにちは、StudyFor.編集部です。

この記事では「新・物理入門」について、

「どんな参考書?」

「レベルってどれくらい?」

「自分に適した参考書かな?」

「どう使うのが効率的かな?」

「この参考書が終わったら次は何をすればいい?」

といった皆さんの知りたいことを全て掲載しているので、ぜひ最後までご一読ください。



「新・物理入門」はどんな参考書?

「新・物理入門」は長年理系学生に愛されてきた、受験界のベストセラーです。

駿台予備学校の重鎮、山本義隆先生による著書であり、非常に硬派な物理の参考書として知られています。

大学レベルの観点から本当の物理学が解説されており、大学生でも一読の価値がある本です。

「新・物理入門」はどんな人におすすめ?何のための参考書?

この参考書は、上位旧帝大・早慶・医学部志望の人向けです。

また、数学Ⅲの内容を含んでいるので、数学Ⅲの数学を勉強し終えている人が対象です。

そして、微積を用いた物理の解説をしている参考書なので、高校での授業をベースに学習している人にはあまりおすすめしません。

塾や予備校などで大学レベルの観点から物理を勉強している人にお勧めします。

「新・物理入門」は、高校の教科書とは異なる切り口で解説されているので、読破するのに多くの時間を要します。

ですので、物理にじっくり時間をかけられる浪人生などには非常におすすめです。

「新・物理入門」の難易度やレベルは?

本書に取り組むための前提レベルは?

数学Ⅲの微分積分を勉強したことが前提です。

また、原子物理分野以外の高校物理の教科書の内容を、一度は学習しておかないと難しいでしょう。

物理学においては基礎的な内容の本であるため、物理が得意かどうかは重要ではありません。

本書のレベルは?

「新・物理入門」のレベルは、大学受験の参考書として最高難易度といえるでしょう。

大学の物理学の授業で教科書として使われることもあるほどの難易度です。

高校の教科書とは全く異なる内容を、非常にハイレベルな視点から端的に解説している参考書といえるでしょう。

「新・物理入門」の内容を理解することができれば、どこの大学でも物理は合格ラインに達することが可能です。

「新・物理入門」の特徴は?いい点は?悪い点は?

良い点

微分・積分を用いて物理学が解説されている

「新・物理入門」最大の特徴は、微分積分を用いて物理学を説明している点です。

本来、物理学と微分積分は切っても切れない関係にあります。

数学Ⅲの微分積分をわかっていないと、本当の物理学を理解することは難しいです。

ゆえに、日本の高校物理では、微分積分がわからなくても公式を丸暗記することで解けるようになっています。

そのため、高校物理の解説は無理が生じており、パターン暗記が重要な科目に成り下がっています。

理系の学生が物理学を嫌いになる最大の理由がパターン暗記にあります。

「新・物理入門」は高校物理とは異なり、本当の物理学を解説している参考書であるため、暗記する量が飛躍的に減ります。

文章が美しい

「新・物理入門」の文章は非常に美しく、物理学の素晴らしさを直に感じることができます。

「新・物理入門」の筆者は、駿台予備学校の超有名講師、山本義隆師です。

山本先生は他の書籍で、いくつもの文学賞を受賞している文才も兼ね備えていらっしゃいます。

物理学の美しい世界を、山本先生の平易かつエレガントな文章から感じ取ることが受験生の方でも可能です。

大学でも使える参考書

「新・物理入門」は、大学レベルの知識で書かれているので、大学の物理学の授業にも十分対応可能です。

物理学の入門書として、一生の付き合いができるような書籍としているでしょう。

悪い点

独力で読破するのは難しい

大学レベルの「新・物理入門」を自分の力だけで読むのはかなりのエネルギーを要します

実際に授業などで微分積分を用いて物理学を勉強していない場合、おすすめはしません。

YouTubeなどの動画サイトなどで、物理学の動画を見ながら勉強すれば、理解しやすくなります。

問題があまり掲載されていない

この参考書は練習問題があまり載っていません。

載っていても解説が非常に簡素であるため、理解するためにはかなりの学力を要します。

実際の問題で解き方を見ないと、公式の意味をイメージしづらい人も一定数存在すると思います。

問題を解かずに、ただ文を追っていくのもかなりきつい作業になるでしょう。

挿絵が簡素

本書のデザインは非常にシンプルがゆえ、挿絵も簡素なものになっています。

高校の教科書に慣れていると、少し読みづらいと思います。

挿絵自体は適宜効果的に用いられている参考書ですので、不明点は物理が得意な人に質問してみてください。

微積を使わなくても東大だって受かる

微積物理は、極論不要な分野です。

パターン暗記さえすれば、東大や医学部だって合格は十分に可能です。

高校の物理でしっかりと点数を取れていれば、わざわざ微分積分で学習する必要はありません。

悪く言えば、微積物理は邪道ですので、物理がもともと得意だという人は、他の苦手な教科の学習に時間を割く方が効果的でしょう。

「新・物理入門」の評判や口コミはどう?


受験参考書でありながら、物理学の好奇心を開いてくれる、そんな本です。


「数学は得意だけど物理が苦手」という人結構多いです。

是非とも読んでみてほしいです。

効果的な使い方や勉強法は?

副読書として使う

独学用にはあまり向いておらず、微分積分の物理の授業を受けている人の参考書として使うことで効果を発揮します。

独力で微積物理を学習することは難易度が高いと思います。

微積物理の授業やテストの復習のために副読書として手元に置いておくと非常に便利でしょう。

もう一度物理を勉強しなおす

物理の勉強を一通り終えた段階(=入試の基礎固めが終わり、志望校の過去問演習に入る前の段階)で、「新・物理入門」で勉強し直すこともお勧めです。

新しい観点から勉強することで、より一層物理学への理解が深まることが期待できます。

「新・物理入門」はいつから取り組むべき?

高校2年生の3月あたりから読み始めるのが理想的でしょう。

高校の教科書と本書のページを交互に読んでみてください。

必ず自分で式の導出を書き下しながら、頭に式をイメージし続けましょう。

高校3年生の4月ごろから問題も解き始めていくのが理想的です。

「新・物理入門」の参考書の次に取り組むべきことは?

「新・物理入門」を読み終えたら、実際の問題演習を行いましょう。

独学では難しいでしょうから、微分積分を用いて解説を行うハイレベルな塾や予備校での授業を受講することをお勧めします。

「新・物理入門」を副読書として、塾の教材に向き合ってみてください。

参考書は、駿台文庫の「新・物理入門問題演習」もおすすめです。


「新・物理入門」に対応した問題演習が掲載されているので、じっくりと向き合ってみてください。

基本的な問題はほとんど掲載されておらず、東大の過去問等が紹介されています。

赤本では微分積分で物理は解説されていないので注意してください。

駿台や河合塾から出ている東大や東工大の過去問題集を使うことで、対策することが可能です。

関連記事

-物理

Copyright© Study For.(スタディフォー) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.