動画映像授業・通信教育

Try IT(トライイット)は本当に無料?その理由は?評判や口コミはどう?どんな人におすすめ?

投稿日:2019年7月29日 更新日:

こんにちは!Study For.編集部です!

この記事では、

「Try ITって何?」

「無料で利用できるって本当?」

「定期テスト対策はできる?」

「高校受験や大学受験の対策はできる?」

「評判や口コミはどう?」

「どうやって登録するの?」

などといった、皆さんが知りたい情報について全て掲載しています。ぜひ最後までご一読ください。

↓中学生向け通信教育について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください
【講師集団が徹底比較】中学生におすすめの通信教材ランキング【評判や口コミも紹介】

↓高校生・大学受験生向けの映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓映像授業だけでなく高校生・大学受験生向け通信教育全般について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。



スタディサプリが無料体験実施中
月額980円で有名予備校講師の映像授業がスマホやパソコンで受け放題であり、東大や京大といった難関大学合格者を多数輩出する"スタディサプリ"が今だけ期間限定で『2週間無料体験』と『お得な入会キャンペーン』を実施中です!

詳しくはスタディサプリを実質2ヵ月無料で体験する方法【小学・中学・高校・大学受験講座】 をご覧ください

目次(項目をクリックするとジャンプできます)

Try IT(トライイット)の11の特徴

TryITのHP

TryITより引用

Try IT(トライイット)とは、トライさんと『アルプスの少女ハイジ』がコラボしたCMでおなじみの『家庭教師のトライ』が運営する、中学生・高校生向けの永久0円の映像授業サービスのことです。
そんなTry IT(トライイット)の特徴やサービス内容などについて、細かく見ていきましょう。

無料で映像授業を見放題

TryITの授業一覧画面

TryITより引用

映像授業サービスはTry IT以外にも『スタディサプリ』や『アオイゼミ』などがありますが、例えば、スタディサプリだと月額980円の会費がかかります。

ところが、Try IT(トライイット)は、授業を見るだけなら本当に永久に無料です。

『予備校での指導経験がある講師』や『書籍執筆経験のある講師』が教えてくれるハイクオリティな授業を、自分のスマホやパソコンで全て無料で見ることができる本当にお得なサービスです。

↓アオイゼミについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓スタディサプリについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

5教科すべての授業が4000本用意されており、定期テストから入試まで対応できる

授業一覧

TryITより引用

Try IT(トライイット)の授業は中1から高3の定期テスト対策に必要な主要科目が用意されています。

【中学講座】
・英語
・数学
・国語
・理科
・社会

【高校講座】
・国語(古文・漢文)
・数学(1A・2B・3)
・英語(英文法・英文読解)
・理科(物理基礎・化学基礎・生物基礎・物理・化学・生物)
・社会(日本史・世界史・地理)

さらに、それぞれの科目ごとに『通常学習編』、『テスト対策編』、『入試対策編(スタンダード、ハイレベル)』と細かく分けられており、全部で約4000本もの授業が用意されています。

そのため今の自分のレベルや必要な学習内容にちょうどいい授業を選んで視聴することができ、大変効果的な学習をすることができます。

知識がゼロでも学べる分かりやすさ

Try IT(トライイット)では授業の内容について知識がゼロでも分かるように丁寧に解説してくれます。

すべての授業がその内容に初めてふれる人に向けて、本当に基礎的なことから解説してくれます。

例えば、理科や数学の授業などではイラストや図をふんだんに用いて徹底的に分かりやすく説明してくれますし、英語の授業は黒板を2枚用いて概観と重要点を分けて解説してくれますので、とても分かりやすく見やすい授業となっています。

化学の授業様子

TryITより引用

1授業の時間は15分なので、空き時間に学習可能

学校や予備校だと1授業はだいたい50分~1時間ですが、Try IT(トライイット)では、1授業は15分

15分なんて普段スマホやテレビをぼんやり見ているだけであっという間に過ぎてしまいますよね。

そんな時でも合間にちょっとでも学習に充てることができたら、有意義な時間の使い方になります。

また、通学時や塾に行く途中の電車やバスに乗っている時間や待ち時間でもサクっと1授業見ることができてしまいます。

学校や部活・塾などで忙しい中高生にはありがたいです時間設定です。

動画は1.4倍速での再生ができるため効率的な学習が可能

Try IT(トライイット)の授業は通常速度だけでなく1.4倍速でも見ることができます。

1.4倍速で動画を見ると15分の授業が10分で見ることができるため、1倍速で再生するよりもさらに効率的な学習が可能です。

もちろん、速度を速くしても聞き取れなくなるということはありませんので心配はいりません。

授業の様子

TryITより引用

再生速度の変更方法は動画の画面の右下の方に白い四角があり、そこで再生速度を変えることができます。

最初は『1.0×』と表示されていますが、そこをタッチすると、『1.0×』と『1.4×』とで切り替えをすることができます。

教科書に対応した授業だから学校の補習に使える(中学生)

対応教科書一覧

TryITより引用

中学生向け限定のサービスですが、自分が学校で使っている教科書を登録すると教科書に対応した授業を視聴することができるようになっています。

設定の仕方は、ログインするとトップページの右上に自分のアイコンが表示されますので、それをタッチしてメニュー画面を開きます。

そのメニューの中に『教科書の設定(中学生のみ)』がありますので、英数国理社それぞれの科目について自分が学校で使っている教科書を選ぶことができます。

設定すると、通常学習編とテスト対策編が教科書に対応したものに自動的に変わる仕組みになっています。

各教科の各単元をピンポイントで学習可能(検索機能つき)

Try IT(トライイット)には全部で4000本もの授業が用意されていますので、必要な内容をピンポイントで学習することができます

しかも、キーワードを入力して視聴したい授業を検索する機能もついています。

検索機能

TryITより引用

検索の仕方は、会員登録してログインするとトップページの上部にキーワード検索の窓がありますので、例えばそこに『動名詞』と入力すると『「動詞ingは動名詞?分詞?」や『動名詞の慣用表現①』など9つの検索結果が表示されます。

細かく単元別に分かれていますので今学習したい内容を選ぶことができてとても便利です。

学習の進み具合が確認できる

マイページ画像

TryITより引用

学校や予備校と違い、映像学習では先生など学習の進み具合を管理してくれる人はいません。

すべて自分自身で管理することになります。

そのためTry IT(トライイット)では、学習の進み具合をいつでも確認できる機能が用意されています

ログイン後のトップ画面に今までの総学習時間と科目ごとの学習状況が表示されます。

また、今の自分のレベルがいくつで次のレベルまであと○○という表示もされるため、ゲーム感覚で楽しく学習できます

専用のテキスト(無料)で学習が可能

もちろん、Try IT(トライイット)にもテキストがあります。

しかも、テキストも無料で見ることができてしまいます。

アプリの場合、画面上部に授業動画、下部に『授業情報』『チャプター』『テキスト』『解説』『解答』となっていますので、ここで『テキスト』を選択するとテキストを見ながら授業動画を視聴することができます。

テキストの文字が小さくて見にくい時は、ピンチアウト・インの機能でちょうどいい大きさに調整が可能です。

テキストイメージ

TryITより引用

ブラウザの場合、授業を1つ選択すると画面左半分に授業動画、右半分に『テキスト』『解答』『前後の授業』となるので、ここで『テキスト』を選択することができます。

ただしブラウザではテキストを拡大すると画面全体が大きくなってしまい、動画部分がフレームアウトしてしまうのでアプリと異なり字を大きくすることは難しいです。

動画とテキストを同時表示

TryITより引用

全国の生徒とライバルとして競争しながら学習が可能

映像学習は自分ひとりでの学習なので、どうしても独りよがりになりがちです。

また、他の人と比べて自分はどのくらい学習が進んでいるのかわからなくて不安になることもあります。

でも、Try IT(トライイット)ではログイン後のトップ画面で過去7日間と直近の月間について、全国および自分の住んでいる都道府県の学習時間のランキングを知ることができます

100位以内に入ればランキング表に名前が載りますので、そこを目指して学習するという1つの目標となり学習に励みが出る人も多くいます。

マイページ機能

TryITより引用

有料で質問や添削が可能

映像授業を見てひとりで学習している場合に困ることは、分からないところがあったときに質問できる人がいない点です。

でも、Try IT(トライイット)では1回500円で質問することができるのです。

しかも映像授業の内容だけでなく学校や塾で分からなくて悩んだことや進路についての悩みでも、翌日24時までに手書きの丁寧な添削結果を返してくれます。

もし返信が翌日24時を超えてしまった場合は、添削指導にかかる料金は発生しないとのことです。

質問の仕方も大変手軽で授業を見ている時に分からないと思ったら、スマホの場合はスマホを振るだけ、PCやタブレットの場合はボタン1つで質問画面を出すことができます。

インターネットにつながっていればいつでもどこでも質問できるので、分からないことをため込んでしまわず即時に解決できますよね。

質問画面

TryITより引用

Try IT(トライイット)はどんな人におすすめ?

学校の補習として無料で授業を受けたい人

TryITがおすすめな人
学校の補習としては予備校や塾に行くとか通信添削学習などがあります。

でも塾は値段が高い上に部活などで忙しく時間がとれない人も多いですよね。

また通信添削も難しすぎたり、自分で量をこなすのは大変だったりしていつも貯めてしまうという人も結構多いのではないでしょうか。

でもTry IT(トライイット)なら無料かつ時間に縛られないので自分の生活のペースの中で計画的に学習できますし、教科書の基礎レベルから丁寧に解説してくれますので無料で学校の勉強を補習したい人に最適といえます。

分からない単元だけ授業を受けたい人

勉強する子供
通常は予備校や塾、通信添削などでは英語や数学のように1科目の全授業を受講する契約となってしまいます。

今すぐに自分の分からないところや苦手なところを学習したいと思っても、その内容を扱う授業が訪れるまで待つ必要があり、それは難しいですよね。

しかしTry IT(トライイット)では各科目をさらに単元ごとに細かくした授業が用意されていますので、ピンポイントで学習することができます。

分からない単元だけをピックアップして学習したい人にはおすすめのサービスです。

Try IT(トライイット)の料金について

Try IT(トライイット)の授業はなぜ無料なのか?

Try IT(トライイット)は授業を視聴するだけなら、ほんとに無料です。

しかし質問は有料で1回500円です。

これが高いかどうかは人によって感じ方が違うと思いますが、プロの講師に直接質問して手書きの添削をもらえるサービスはなかなか便利なものといえるのではないでしょうか。

このようにして質問や添削の料金を有料にすることによって、授業の視聴は無料にできています。

テキストや問題集も無料でダウンロード可能

TryITはテキストのダウンロードが可能

TryITより引用

Try IT(トライイット)には、授業と連動したテキストと問題集がすべて無料で用意されています。

授業動画を1つ選択すると動画画面の半分にテキストと問題が表示されますので、テキストや問題を見ながら授業を受けることができます。

人によってはテキストも問題も紙のほうが学習しやすい方もいるかと思いますが、テキストも問題集もダウンロードしてプリンターで紙に印刷すれば直接解説や答えを書き込みながらの学習が可能です。

しかし、すべてのテキストと問題をプリントアウトしようとすると授業数が多い教科の場合は、3学年分で300枚以上となり印刷の手間と用紙代などが膨大なものになってしまいます。

それが大変だという方はTry IT(トライイット)のマイページからやAmazonなどでテキストも問題集も発売されていますので、購入するという選択肢もあります。

テキストの購入

TryITより引用

質問・添削機能の料金は1回500円

上述の通り、分からないところなどを質問するには1回500円かかります。

この支払い方法はクレジットカード決済のみで1ヶ月ごとの後払いとなっています。

スマホを振るだけで質問できるという手軽さから、お子様がとんでもない回数の質問をしてしまい引き落とし額が多額になってしまう恐れもありますよね。

しかしTry IT(トライイット)では『あんしんストッパー制度』というものを設けているので、その心配はありません。

安心ストッパー制度

TryITより引用

これは生徒がこの質問添削サービスを利用しすぎないように保護者が事前に月の上限額を設定できる仕組みです。

もちろんこれは月額定額料金ではありませんので、あくまでも利用した分のみの請求で利用がない月の請求はありません。

そして、この上限金額はその都度変更が可能ですのでテスト直前は多めに設定するなどの調整ができます。

授業はわかりやすい?講師の質はどう?評判や口コミは?

良い口コミや評判

など、わかりやすさと無料で受講できることに良い口コミが多数あがっています。

微妙な口コミや評判

勉強が苦手な人向けのサービスであるため、勉強が得意な人にはあまり受け入れられないようです。

Try ITとスタディサプリとの比較

映像授業について詳しく調べられている方の中には有名なサービスであるスタディサプリの入会を検討しており、Try ITとどちらを利用しようか迷っている方も多いでしょう。

そのような方のために両サービスを比較しましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

【中学講座】

TryIT スタディサプリ
料金 無料で中学1年生~高校3年生までの4,000本以上の授業が永久無料で見放題 月額980円で小学4年生~大学受験生までの約2万本の映像授業受け放題
月額9800円の『個別指導コース』に加入で上記に加えて専属コーチがつき個別サポートをしてくれる
学習スタイル 映像授業 紙のテキスト+映像授業
講師・授業の質 高い 非常に高い
テキストの質 普通 高い
対応教科 国語・数学・英語・理科・社会 国語・数学・英語・理科・社会
対応レベル 基礎・応用 基礎・応用・発展
定期テスト対策の可否
高校受験
英検対策の可否 ×
添削指導の有無 △(1回500円) △(個別指導コースのみ)
勉強に関する質問可否 △(1回500円) △(個別指導コースのみ)
合格実績 不明 開成高校や灘高校など全国トップレベル難関校に多数の合格者を輩出

【高校講座】

TryIT スタディサプリ
料金 無料で中学1年生~高校3年生までの4,000本以上の授業が永久無料で見放題 月額980円で小学4年生~大学受験生までの約2万本の映像授業受け放題
月額9800円の『合格特訓コース』に加入で上記に加えて専属コーチがつき個別サポートをしてくれる
学習スタイル 映像授業 紙のテキスト+映像授業
講師・授業の質 高い 非常に高い
テキストの質 普通 高い
対応教科 国語(古文・漢文)
数学(1A・2B・3)
英語(英文法・英文読解)
理科(物理基礎・化学基礎・生物基礎・物理・化学・生物)
社会(日本史・世界史・地理)
国語(現代文・古文・漢文・小論文)
数学(1A・2B・3)
英語(英単語・英文法・英文読解・英作文・リスニング)
理科(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎・物理・化学・生物)
社会(日本史・世界史・地理・政治経済・倫理・現代社会)
簿記
対応レベル 基礎・応用 基礎・応用・発展
定期テスト対策の可否
大学受験の対策可否
英検対策の可否 ×
添削指導の有無 △(1回500円) △(合格特訓コースのみ)
勉強に関する質問可否 △(1回500円) △(合格特訓コースのみ)
合格実績 不明 東京大学・京都大学・早稲田大学・慶應義塾大学など多数の難関大学に合格者を多数輩出

両サービス共に無料で体験できるため、入会前にぜひ体験することをお勧めします。

スタディサプリでは14日間の無料体験を実施しております。
↓体験方法など詳しくはこちらをご覧ください。


スタディサプリ
【入会前に必見】スタディサプリの評判や口コミはどう?本当に成績は上がる?

スタディサプリ中学講座では11/30まで先着8000名限定で「2週間無料体験&2000円キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

スタディサプリ個別指導コースでは「2週間無料体験&英語・数学の定期テスト対策問題集など計4冊のテキストプレゼントキャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンに応募するには、↓の広告をクリックしてスタディサプリ中学講座のホームページへ行き、表示されているキャンペーンコードを無料体験時に入力するです。


高校・大学受験講座のベーシックコース(月額980円)では11/30まで先着8000名限定で「2週間無料体験&2000円キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

また、高校生・大学受験講座の合格特訓コース(月額9800円)では「2週間の無料体験」を実施しています。

キャンペーンコードは↓「スタディサプリ高校・大学受験講座」の広告をクリックすることで表示されます。


Try ITの無料体験の方法は次の段落で説明します。

Try IT(トライイット)の無料新規登録の方法

会員登録なしでも授業の視聴は可能。しかし機能に制限がある。

実際のところを言えばTry IT(トライイット)の授業動画はyoutubeでも公開されているので、会員登録をせずとも授業の視聴はできます。

しかし授業を見ることしかできないので質問添削サービスを受けることや学習の進度を確認することなど様々なサービスが受けられません。

登録するだけなら完全に無料ですので受けられるサービスを考えてみれば登録した方が断然お得と言えそうですよね。

さっそく新規登録する。

新規登録の方法は下記の通りです。

1.Try IT(トライイット)のトップ画面の白い四角部分に自分のメールアドレスを入力する。

TryITの登録方法

TryITより引用

無料簡単登録ボタンをクリックすると次のような画面になる。

TryITにメールアドレスを入力

TryITより引用

2.入力したメールアドレスにTry IT(トライイット)からのメール『Try ITかんたん1分会員登録』というメールが届くのでその本文中にあるURLよりサイトにアクセスする。

確認メールが届く

3.上記のURLにアクセスすると次のような画面になるので必要事項を入力して登録が完了。

会員情報を入力

TryITより引用

本当に簡単に登録することができます。

※パソコンのメールの場合はTry IT(トライイット)からのメールが迷惑メール扱いになってしまうこともあるようです。

返信がなかなか届かないと思ったら、迷惑メールフォルダ内を確認してみて下さいね。

さあ、さっそく会員登録してみましょう。

学校名・本名の登録が求められるが、何に使われるのか?

Try IT(トライイット)に新規会員登録をしようとすると、学校名や本名の登録を求められます。

「無料なはずなのになぜ?もしかして、勧誘の電話やダイレクトメールが来るのかな?」とか、「学校に連絡されてしまうのかな?」と不安になられる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし今のところ会員登録後に電話がかかってきたりダイレクトメールが来たりするという話はありません

また、Try IT(トライイット)のサイト内『よくある質問』によれば「学校情報をご登録いただくと、公式問題集をご購入いただく際にご利用教科書が自動的に選択されるので間違いがなくスムーズです。」とのことです。

Try IT(トライイット)はいつでも解約できる

TryITのイメージ画像

TryITより引用


Try IT(トライイット)は無料で新規登録できますが、もちろん解約するときも手数料などは一切かかりません。

登録時と同様に、Try IT(トライイット)のサイトにアクセスし、必要事項を入力するだけで簡単に解約できます。

ですからまずは会員登録してご自分の学習スタイルに合うかどうかを確認するために、Try IT(トライイット)の実力派講師陣による授業をぜひ一度トライしてみてはいかがでしょうか?

-動画映像授業・通信教育

Copyright© Study For.(スタディフォー) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.