-高校生・大学受験生 勉強法

【大学受験の漢文対策!】必要な参考書は1冊だけ?基礎偏差値アップを目指す方法!

2022年8月28日

こんにちは、StudyFor.編集部です。

「大学受験生向け、漢文の偏差値アップについておすすめの勉強法・参考書とともに、おすすめの通信教育サービスを紹介します!

このページでは、

  • 漢文の成績が上がらない
  • 漢文の読み方がわからない
  • 漢文の勉強の仕方がわからない
  • 漢文の偏差値が上がらない

など、大学受験対策にむけて漢文の偏差値アップに伸び悩んでいる方に向けて、偏差値30→60台ヘ段階的に偏差値を上げられるようにおすすめの参考書を使った勉強法を記事にまとめました。

ぜひ最後までご一読ください!

スタディサプリ高校・大学受験講座

高校大学受験講座は14日間の無料お試しが利用できます!

約4万本の映像授業が見放題のスタディサプリ!!過去の学年も含めて苦手な個所は繰り返し学べて、先の学年も含め予習もバッチリ可能!!超有名講師による神授業が分かりやすく、楽しみながら学べます!

スタディサプリ高校・大学受験講座

詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

無料体験だけでなくキャッシュバックなどの入会特典の実施状況を知りたい方は【2022年9月最新】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

スタディサプリTOEIC対策コース

夏のキャンペーン実施中

月額3,278円(税込)とリーズナブルにTOEIC対策が出来るプラン!
今なら最大2,976円お得に!
TOEIC® L&R TEST 20回分の問題を繰り返し解くことができ、解説や講義を見てさらにトレーニングをすることができます!
これらを繰り返し取り組むことで、だんだんと実力が身についていきます!

詳しくはスタディサプリを無料で体験する方法をご覧ください

キャッシュバック・無料体験などの入会特典の実施状況を知りたい方は【2022年9月最新】スタディサプリのキャンペーンコード・クーポン情報をご覧ください

【学習の指針】目標を明確にする

受験勉強はまず目標を明確にすることが大事です。

何も定まっていない状態で参考書を見ながら偏差値・点数アップを目指した勉強をスタートするのではなく、自分がどの大学を目指すのかは当然のこととして、ある程度の期間を決めたうえで、いつまでに各教科の偏差値をどれくらいまで上げるのか?といった具体的な目標を定めていきましょう。

そうすると1日単位から週・月単位でのスケジュールを管理しやすくなるのでより効率的に勉強を進める指針が出来上がります。こういった目標がなければ途中で集中力を失ったときにそのまま勉強意欲を失ってしまう可能性があります。

なので、自分で決めた目標を達成するためには何をいつまでに終わらせたらいいか?といったスケジュールを構築しながら学習していきましょう。

それでは、偏差値に応じた勉強法とその際に使用すべきおすすめの参考書オンライン学習サービスを紹介していきます。

◆気になる記事!
【徹底比較】高校生・大学受験生におすすめの通信教育ランキング【口コミも紹介】

【基礎】漢文で絶対に使うべき参考書

漢文は他の科目と比較すると受験科目の中で一番偏差値を上げやすい科目と言えます。なぜなら、英語と比較して圧倒的に少ない「漢文の文法」と「漢文の語彙」を覚えてしまうだけで受験漢文はほとんどマここでいうスターできてしまいます。ここでいう「漢文の文法」とはレ点など返り点や句形といった漢文の読み方を指します。また、「漢文の語彙」は漢文特有の単語の意味と読みです。

なので、文法と語彙が理解できていなければ漢文を読むことはできません。そこで、漢文の文法と語彙を理解するためにおすすめな参考書があります。

それは「漢文ヤマのヤマ」です。

created by Rinker
学研プラス
¥1,210 (2022/09/24 19:57:30時点 Amazon調べ-詳細)

この参考書は句法が見開きで完結しているのが特徴です。解説を読んだらそのまま問題演習に取り組むことが出来るので、インプットとアウトプットを素早く行い、覚えやすい仕組みになっています。必修単語が収録されているという点においても、初学者から上級者においても漢文の対策に「漢文ヤマのヤマ」は必須の参考書です。

「漢文ヤマのヤマ」をつかった勉強法

参考書は理解するまで何度も何度も繰り返し読み込むことが大切です。1回だけで理解するのはなかなか大変ですし、理解できたとしても知識の定着をさせるためには長期記憶にしなければいけません。そのためにはやはり何度も読み込みましょう。

もちろん理解度は人によって個人差があるので明確な回数を決めることはできませんが、5~10回は繰り返し取り組んでみましょう。

手順としては、解説を理解しながら参考書を読み進めていきます。解説を読み終わったら演習ドリルに取り組んでいきます。演習ドリルの回答は当然ですがノートなど別の用紙に書き込んでいきましょう。そうすることで何度も問題を解くことが出来るようになります。

解説を読み、演習ドリルを解いたら「別冊」を活用して復習する癖をつけましょう。別冊には重要な句形と漢字がまとめられているのでとにかく読みながら声に出して暗記していきます。24ページすべて1周しても30分かからないはずなので、1日1回は取り組むことをおすすめします。

上記の流れを複数回繰り返すわけですが、当然回を増すごとに理解度や記憶力も向上していきますので1回あたりの学習時間が短くなっていくはずです。

「漢文ヤマのヤマ」を理解できるようになれば偏差値は目に見えて上がっていきます。まずは基礎から知識の定着をすることを目標に反復して取り組んでいきましょう。

◆気になる記事!
【徹底比較】高校生・大学受験生におすすめの通信教育ランキング【口コミも紹介】

共通テスト過去問でアウトプット

偏差値50台の人が偏差値60を超えるためには、過去問を解いて知識を整理することが重要になってきます。

知識の整理に関しては、いままで理解してきた歴史と覚えてきた用語を、共通テスト過去問を解いてアウトプットしていく作業が必要になります。

漢文に限らず全てにおいて言えることですが、知識を詰め込む(インプット)だけでなく、問題演習などでしっかり知識をアウトプットすることで、歴史の流れの理解がより一層深くなり、用語も覚えることができるようになります。

なので、問題集の演習に加えて、過去問についても同じように自力で何度でも解くことができるように取り組みましょう。

(画像:河合塾のHPより引用)

上記のページでは「問題の分析」と「受験生へのアドバイス」が掲載されています。河合塾の特徴としては「動画による解説」が行われていることが挙げられます。また過去問は2012年度以降のもの全てが掲載されているのでさかのぼって取り組んでいきましょう。

過去問は年代をさかのぼって基礎の復習をしながら繰り返し解いていきましょう。

受験本番で出される問題の傾向と対策をしっかり身につけて得点アップにつなげていくことが大切です。

◆気になる記事!
【徹底比較】高校生・大学受験生におすすめの通信教育ランキング【口コミも紹介】

参考書と併用すべきオンライン学習サービス

今回紹介した参考書と過去問の勉強漬けで偏差値を高めていくがおすすめですが、人気のスタディサプリを使ったオンライン学習サービスを併用するとより勉強に集中して取り組む環境を作り出すことが出来るはずです。

今回紹介した勉強法に足りないものは人の授業を受けるという点です。学校に通っている間は大丈夫ですが休みの日や家に帰った後にも解説をききながら学習したいという人は多いはずです。

塾や予備校に通うのも手ですが移動時間がもったいないです。オンライン学習なら自宅や移動時間を有効活用してレベルの高い講師陣の動画を見ながら勉強することが出来るのでおすすめです。

今回紹介した参考書とともに併せてスタディサプリを活用して勉強に取り組んでみましょう!

おすすめはスタディサプリ高校・大学受験講座コース

スタディサプリ公式HPより引用

超有名講師の神授業が人気なスタディサプリ

スタディサプリの講師は大学受験業界で有名な講師ばかりなため、基本的に学校の先生よりも授業が上手でわかりやすく、面白い内容なのが特徴です。

例えば、英語の関先生は英語講師として全国で1、2を争うほどの人気講師で、著書は数十冊もある超実力派講師です。

なので、勉強が苦手な人でも楽しみながら学ぶことができるのが人気の理由です。

  • 基礎レベルから難関レベルまで幅広く学べる

講座のレベルは以下の4つに分けられており、基礎レベルから東大・早慶といった難関レベルまで学ぶことができます。

・ベーシックレベル・・・基礎理解
・スタンダードレベル・・・国公立(地方国公立相当)、私立大学
・ハイレベル・・・難関国公立(旧帝大相当)、難関私立大学(MARCH相当)
・トップレベル・・・最難関国公立(東大・京大相当)、最難関私立大学(早稲田・慶應相当)

  • 約4万本の映像授業が見放題

映像授業が見放題なため、苦手な分野に関しては何度でも復習することができ、過去の学年の内容も復習できます。例えば、高校3年生の人でも1年生の内容を復習できるので分からないまま通り過ぎてしまったところを復習することが出来ます。

もちろん先の学年も含めて予習も可能です。得意な分野は先の内容であっても予習することができるので例えば高校2年生の人でも3年生の内容や大学受験の内容を予習できます。

  • 塾や他の通信教育に比べて割安

一般的に高校生が塾に通ったり、他の通信教育を利用すると月額数万円かかりますが、オンライン学習のスタディサプリ高校・大学受験講座はベーシック講座、月額実質1,815円~(※12ヶ月パック一括払い)で、塾に通う交通費や移動時間を考えても効率的に学習することが出来ます。

高校大学受験講座は14日間の無料お試しが利用できます!
無料お試しの適用方法は下記リンクから申し込むだけ!
詳しくは公式サイトをご確認ください!
スタディサプリ高校・大学受験講座
 

今回紹介したおすすめ参考書

created by Rinker
学研プラス
¥1,210 (2022/09/24 19:57:30時点 Amazon調べ-詳細)

今回紹介したスタディサプリでは各種キャンペーンや14日間の無料トライアルが申し込めるので、気になる方はホームページから是非ご覧ください↓
高校大学受験講座は14日間の無料お試しが利用できます!
無料お試しの適用方法は下記リンクから申し込むだけ!
詳しくは公式サイトをご確認ください!

スタディサプリ高校・大学受験講座
 

◆気になる記事!
【徹底比較】高校生・大学受験生におすすめの通信教育ランキング【口コミも紹介】

--高校生・大学受験生, 勉強法
-,

Copyright© Study For.(スタディフォー) , 2022 All Rights Reserved.