早稲田大学

【早稲田大学の合格体験記】6:国際教養学部(2017年合格者)

早稲田大学

投稿日:2017年3月8日 更新日:



【学部】国際教養学部

【現浪】現役

【合否】合格

【予備校/塾】東進ハイスクール

【勉強時間】平日6時間半 休日10時間

【受験勉強開始時期】本格的に始めたのは高2の11月です

【偏差値の推移】
高2の2月までは63-65くらいで、高3になり65-70くらいになりました

【併願先とその合否】
早稲田大学
教育学部 合格
文化構想学部 不合格
上智大学
外国語学部 補欠
文学部英文学科 合格

【選択科目を選んだ理由】
日本史がもともと好きだったため。

【出身高校の位置する都道府県】
東京都

【勉強法】

国語:
過去問を説いた際はノートに要旨や間違えたところをまとめた。

これを続けていると、またこのミスで間違っているなど自分のミスが明確に見えてくる。

古文漢文は量をこなすことで慣れていった。

英語:
単語は東進の高速マスターと毎週のユメタンテストで覚え、熟語は解体英熟語を直前期にひたすら覚えた。

文法は高2の冬ごろから固めた。

高2の12月頃から毎日長文を読む習慣をつけたら得意科目になり、いろいろなテーマの文章にも対応できるようになった。

リスニングは高3の8月ごろから毎晩英語のトーク番組を聞くようにした。

自由英作文は高3の8月後半あたりから過去問を解き始め、週に2回は書くようにした。直前は毎日書く習慣をつけ、塾の担任助手の方に添削してもらった。

日本史:
現代史は手を抜かれがちなので、受験ではよく出ます!

私は塾で授業を取っていなかったので自力で高3の4月までに戦後史まで終えました。

一問一答は高2のうちに3周はしたほうがいいです。

文化史の知識は古文でも使えるし、過去問にも頻出なので大事!

【オススメ参考書】


↓ぜひこちらも参考に
【東大生おすすめ】解体英熟語の使い方・勉強法【決定版】



↓こちらも参考に
【プロ講師が書いた】東進日本史一問一答の使い方・勉強法・評価・レベル【完全版】


↓こちらも参考に!
【プロ講師が書いた】マドンナ古文単語パワーアップ版の使い方・勉強法・評価・レベル

【後輩にアドバイス】
量と質のよい勉強をすべきです。第一志望の問題を見て自分に足りないことを考え、それにあった勉強をすると合格に大きく近づきます!
あと、英語と選択科目は得意にしたほうがいいです!英語は単語熟語文法を固め、たくさん長文を読んでいるうちに得意になるはずです^ ^

関連記事

-早稲田大学

Copyright© Study For.(スタディフォー) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.