人気記事 勉強法

【人気予備校講師が教える】英文解釈の勉強法とおすすめ参考書

投稿日:2019年1月2日 更新日:

この記事の要点
1.英文解釈とは、1文1文を正確に読むトレーニングのこと。

2.英文解釈は長文読解の前提。

3.英文法の基本が理解できていないとダメ。

4.文が長く複雑になる仕組みを体系的に理解しよう。

5.夏休みに集中的に取り組むのがおすすめ。

こんにちは。英語講師の三浦淳一です。

簡単に自己紹介をしますと、現在はN予備校・学びエイド・医学部受験専門予備校YMSなどにて講師を務めており、予備校講師歴は約20年。著書のうち代表作には『全レベル問題集 英語長文』『入門英語長文問題精講』(旺文社)などがあります。

StudyFor編集部より
三浦淳一先生のN予備校での授業映像です。

今回は英文解釈の勉強法についてアドバイスをしたいと思います。

その他の学習方法・勉強法については↓をご覧ください。

英文解釈って何?

「英文解釈」とは何でしょうか。

「英文読解(長文読解)」と何が違うのでしょうか。

これらは基本的には同じものです。そうですね、「英文解釈」を積み上げたものが「英文読解」であると言えばわかりやすいでしょうか。

つまり、1文ずつ細かく正確に読んでいくのが「英文解釈」。

その1文がたくさん集まった「文章」を読み解くのが「英文読解」。

「英文解釈」はミクロの視点「英文読解」はマクロの視点と言ってもよいかもしれません。

英文解釈を学ぶ必要性

みなさんの中には、「長文読解はなんとなく大まかな意味が分かればいい、細かい部分は気にしなくていい」と思っている人もいるでしょう。

ところが、1文1文を正確に読めないと、その不正確さ、あいまいさが積み重なって、結局、全体の意味もよくわからなくなってしまうものです。

そして、理解があいまいな部分を、入試問題では鋭くつっこんで聞いてくるので、不正確な読み方では高得点が期待できないのです。

長文読解の前提として、まず、1文を正確に読むところからスタートしなければなりません。

これは、スポーツに似ていますね。野球でもサッカーでも、1つ1つの基本的な動作(スローイングとかドリブルとか)を正確にできない人が、試合で高度なプレーをできるはずがないのです。

英文解釈の学習とは?

英文解釈を学ぶ前提として、ある程度、英文法の基本を理解しておく必要があります。

「文型」「準動詞」「接続詞」「関係詞」あたりは、最低限理解していないと、英文を正確に読むことはできないでしょう。

英語には以下の5つの文型があるとされます。

第1文型:S+V

第2文型:S+V+C

第3文型:S+V+O

第4文型:S+V+O+O

第5文型:S+V+O+C

これだけだったら、1つ1つの英文は短くてシンプルなものになりそうですが、実際には「接続詞」や「関係詞」が文と文を連結したりして、長くなっていきます。

そして、「準動詞」「接続詞」「関係詞」が「句」や「節」と呼ばれる“カタマリ”を作ります。その“カタマリ”がSやOやCになったりするので、さらに文は長く複雑になっていくわけです。

こういったことを学ぶのが「英文解釈」(人によっては「構文」と呼びます)です。

「めんどくさそう」「難しそう」と思いましたね?

英文法と同様、ここも、信頼できる先生に教わるのが効率的ではあります。

ただ、英文法に比べれば、基礎から丁寧に説明してくれている参考書も充実していますので、独学も可能だと思います。

おすすめの参考書

1.『超入門英文解釈の技術60』(桐原書店)

2.『英文読解入門基本はここだ』(代々木ライブラリー)

3.『大学受験のための英文熟考』(旺文社)

いずれも、1文1文を正確に読むことを習慣づけるのに適した参考書です。

レベルは1<2<3です。

1は同シリーズの上位レベル版があるので、ステップアップしていくこともできます。

4.『カリスマ講師の 日本一成績が上がる魔法の英文読解ノート』(KADOKAWA)

ある程度英文法の基礎ができているけど、それを英文を読むのにどう生かしてよいかわからない、という人には、こちらの本もおすすめです。

最後に、参考書ではありませんが、学びエイドというネット上の動画授業があります。

こちらで、私・三浦が「基礎英語構文」を担当しています。短い例文を用いて、英文の構造を丁寧に解説しているので、よかったらご覧ください。

学習スケジュール

英文解釈の学習は、英文読解(長文読解)の前提となるものですから、できるだけ早めにスタートし、早めに仕上げたいところです。

とはいえ、英文法の基本が理解できていない段階では無理があります。

理想的なのは、1学期中に英文法の基礎を固め、夏休みに英文解釈を仕上げ、夏休み以降は長文読解へ進む、という流れです。

【お得なキャンペーン中】スタディサプリの紹介
いつでもどこでも学校よりも圧倒的に質の高い授業が月額980円で受け放題のスタディサプリを使ってみませんか?

月額980円という塾に通った場合に比べて約50分の1の料金で授業が受けられます。

講師は関正生さん(累計50万部以上売れている「世界一わかりやすい英文の授業」シリーズの著者)など有名な予備校講師が授業をしています。

今このサイトから申し込めばお得な2000円キャッシュバックキャンペーンが受けられますよ♪

詳しくは↓をご覧ください。
スタディサプリ
【学習のプロ集団が教える】スタディサプリの効果・評判・口コミ

関連記事

-人気記事, 勉強法

Copyright© Study For.(スタディフォー) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.