動画映像授業・通信教育

【プロが徹底比較】高校生・大学受験生向けおすすめ映像授業ランキング

投稿日:2019年1月14日 更新日:

こんにちは、StudyFor.編集部です。

私たち編集部のメンバーは予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)で構成されており、学習指導および学習のプロとしての視点から「高校生・大学受験生向けのおすすめ映像授業」について記します。

↓通信教育・映像授業についても詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。



映像授業のメリット・デメリット

メリット

高校生・大学受験生向けの映像授業における代表的なメリットは次の5つがあります。

  • 料金がとても安い
  • 講師の質が高く、ハズレの講師が少ない
  • 時間と場所を問わずに授業が受けられる
  • 動画は繰り返し再生、早送り、スロー再生、巻き戻しが可能
  • 自分のペースで予習・復習・先取りが可能

映像授業は本当に効果がある?メリット・デメリットを徹底解説

それぞれのメリットについて詳しくはこちら↓をご覧ください。

デメリット

高校生・大学受験生向けの映像授業における代表的なデメリットは次の4つがあります。

  • 学習ペースを自分で管理する必要がある
  • モチベーションを自分で管理する必要がある
  • 授業を受けて分からなかったことを質問できない
  • 授業の緊張感が欠ける

映像授業は本当に効果がある?メリット・デメリットを徹底解説

それぞれのデメリットについて詳しくはこちら↓をご覧ください。

デメリットは解消されつつあり、メリットの方が大きい

最近ではデメリットは解消されつつあります。

なぜなら映像授業を提供する会社側も、デメリットを重々に把握しており、他社の映像授業サービスよりも良いサービスを提供しようとしているからです。

これから紹介するおすすめ映像授業では、上記のデメリットを克服する次のような機能がついたものを紹介していきます。

・生徒にコーチや担任が学習の進み具合を管理してくれる。相談にも乗ってくれる

・授業で分からなかったことを質問できる

・映像授業の利用者同士で交流し、学習仲間を作ることができ、お互いを励ましあうことが出来る

・生放送で配信されるLIVE授業で挙手や質問をすることが出来る

といった機能がついたものを紹介していきます。

総合おすすめランキング

ランキング判定基準

ランキングを作成するにあたって約40の映像授業を比較しました。

ランキングの判定基準は「料金設定」・「授業の質」・「成績向上や志望校合格の実績」の3点です。

1位:スタディサプリ

対象 高校生・大学受験生・既卒生
入会金 無料
料金 ベーシックコース(授業受け放題)月額980円
合格特訓コース(授業受け放題&専属コーチがつく) 月額9800円

学習場所 どこでも可
受講可能デバイス パソコン・スマホ・タブレット
科目 英語、数学、現代文、古典、漢文、物理、化学、生物、日本史、世界史、地理、政治経済、現代社会、倫理
資料請求・お試し体験 無料体験あり
キャンペーンの有無 2週間無料&最大18000円キャッシュバックキャンペーンを実施中

評価のポイントは、

月額980円で約4万種類の講義が受け放題であり、料金が非常に安い

料金は安いが講師の質は高い(英語の「関正生」先生など)

・高校生であっても中学生向けの授業を受けることが出来るため、苦手な分野は過去にさかのぼって克服が可能

志望校ごとの対策講義も受けられる

基礎から応用まで複数のレベルに合わせた授業が用意されている

高校生であれば月額9800円の合格特訓コースに申し込むことができ、このコースでは生徒に担任がつき「学習スケジュールの作成」・「学習の進み具合の管理」・「質問や相談に対応」してくれるため、映像授業のデメリットを解消することが出来る。

スタディサプリについて詳しく知りたい方は↓をご覧ください。

スタディサプリ
【入会前に見るべし】スタディサプリの全てが分かるページ【評判・口コミ】

2位:N予備校

対象 高校生・大学受験生・既卒生
入会金 無料
料金 月額1000円
学習場所 どこでも可
受講可能デバイス パソコン・スマホ・タブレット
科目 英語、数学、現代文、古典、漢文、物理、化学、生物、日本史、世界史、地理、プログラミング
資料請求・お試し体験 無料体験あり
キャンペーンの有無 初月無料キャンペーン実施中

評価のポイントは、

月額1000円と非常に安い

講師の質が高い(最高年収7000万円の坂田アキラ先生などが在籍)

授業は「ベーシック」、「スタンダード」、「ハイレベル」と3段階のレベルが用意されているため、学習者に最適なレベルの授業が見つかる

・生放送で配信される授業ではその場で講師にコメントや質問が出来る

・過去に放送された授業はアーカイブ動画として、いつでもどこでも見ることが出来る

・生放送以外でもチャット形式の掲示板で質問が可能

N予備校について詳しく知りたい方は↓こちらをご覧ください。

3位:Z会映像コース

対象 高校生・大学受験生・既卒生
受講可能デバイス スマホ・タブレット・パソコン
学習場所 どこでも可
質問可能
入学金 0円
料金 学年によって異なる
無料体験の有無 無料で資料請求が可能。公式HPにサンプル映像あり。
お得なキャンペーン 資料請求に特典がつくキャンペーン実施中

評価のポイントは、

・東大など難関大学に強いZ会の授業を受けられる

・Z会は大学受験の学習参考書を多数出版していることにくわえ、難関大学の合格者を多数輩出してきた実績があるため安心して利用できる

・質の高い授業が大手予備校より安く受けられる

・好きな場所で好きな時に授業を受けられる

・映像授業でも質問ができる

↓Z会について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

4位:大学受験ディアロオンライン

対象 高校生・大学受験生・既卒生
入会金 無料
料金 1ヵ月1科目7,800円
受講科目数が増えるにつれて割引あり
学習場所 どこでも可
受講可能デバイス パソコン・スマホ・タブレット
資料請求・お試し体験 なし
キャンペーンの有無 なし

大学受験ディアロ オンライン

評価のポイントは、

「Z会」と「栄光ゼミナール」が協力した塾で、それぞれの塾の強みが取り入れられている

・昔から授業の質が高いことで有名な通信講座Z会の映像授業が受けられる(Z会の強み)

映像授業で学んだことを他人に説明することで学力の定着を図る「対話式授業」が取り入れられている(栄光ゼミナールの強み)

・授業で学んだ内容を他人に説明することで「理解したつもり」・「覚えたつもり」にならずに、確実に理解し、そして知識を定着させることができる

大学受験ディアロオンラインについて詳しく知りたい方はこちら↓をご覧ください。

科目別のおすすめ映像授業

英語はスタディサプリ

映像授業で英語を学習するなら一番のおすすめは「スタディサプリ」です。

なぜなら、スタディサプリでは「関正生」先生の授業が受けられます。

「スタディサプリ」が1位に選ばれた理由や、2位以降などのおすすめ映像授業など、英語のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

【高校生・大学受験】英語のおすすめ映像授業ランキング【徹底比較】

↓スタディサプリについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓関正生さんについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

数学はN予備校

映像授業で数学を学習するなら一番のおすすめは「N予備校」です。

なぜなら、N予備校では「坂田アキラ」先生の授業が受けられます。

「N予備校」が1位に選ばれた理由や、2位以降などのおすすめ映像授業など、数学のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓N予備校について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

現代文は東進ハイスクール在宅受講コース

映像授業で現代文を学習するなら一番のおすすめは「東進ハイスクール在宅受講コース」です。

なぜなら、東進ハイスクール在宅受講コースでは「林修」先生の授業が受けられます。

「東進ハイスクール在宅受講コース」が1位に選ばれた理由や、2位以降などのおすすめ映像授業など、現代文のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓東進ハイスクール在宅受講コースについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

古文はスタディサプリ

映像授業で古文を学習するなら一番のおすすめは「スタディサプリ」です。

なぜなら、スタディサプリでは「岡本梨奈」先生の授業が受けられます。

「スタディサプリ」が1位に選ばれた理由や、2位以降などのおすすめ映像授業など、古文のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

【高校生・大学受験】古文のおすすめ映像授業ランキング【徹底比較】

↓スタディサプリについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓岡本梨奈さんについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください

漢文は東進ハイスクール在宅受講コース

映像授業で漢文を学習するなら一番のおすすめは「東進ハイスクール在宅受講コース」です。

なぜなら、東進ハイスクール在宅受講コースでは「三羽邦美」先生の授業が受けられます。

「東進ハイスクール在宅受講コース」が1位に選ばれた理由や、2位以降などのおすすめ映像授業など、漢文のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓東進ハイスクール在宅受講コースについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

小論文は東進ハイスクール在宅受講コース

映像授業で小論文を学習するなら一番のおすすめは「東進ハイスクール在宅受講コース」です。

なぜなら、東進ハイスクール在宅受講コースでは「樋口裕一」先生の授業が受けられます。

「東進ハイスクール在宅受講コース」が1位に選ばれた理由や、2位以降などのおすすめ映像授業など、小論文のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓東進ハイスクール在宅受講コースについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

日本史は東進ハイスクール在宅受講コース

映像授業で日本史を学習するなら一番のおすすめは「東進ハイスクール在宅受講コース」です。

なぜなら、東進ハイスクール在宅受講コースでは「金谷俊一郎」先生の授業が受けられます。

「東進ハイスクール在宅受講コース」が1位に選ばれた理由や、2位以降などのおすすめ映像授業など、日本史のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓東進ハイスクール在宅受講コースについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

世界史はN予備校

映像授業で世界史を学習するなら一番のおすすめは「N予備校」です。

なぜなら、N予備校では「茂木誠」先生の授業が受けられます。

「N予備校」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、世界史のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓N予備校について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

地理は河合塾マナビス

映像授業で地理を学習するなら一番のおすすめは「河合塾マナビス」です。

なぜなら、河合塾マナビスでは「瀬川聡」先生の授業が受けられます。

「河合塾マナビス」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、地理のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

政治経済は代々木ゼミナールサテライン

映像授業で政治経済を学習するなら一番のおすすめは「代々木ゼミナールサテライン」です。

なぜなら、代々木ゼミナールサテラインでは「蔭山克秀」先生の授業が受けられます。

「代々木ゼミナールサテライン」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、政治経済のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

倫理は代々木ゼミナールサテライン

映像授業で倫理を学習するなら一番のおすすめは「代々木ゼミナールサテライン」です。

なぜなら、代々木ゼミナールサテラインでは「蔭山克秀」先生の授業が受けられます。

「代々木ゼミナールサテライン」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、倫理のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

現代社会はインターネット予備校ぱすた

映像授業で現代社会を学習するなら一番のおすすめは「インターネット予備校ぱすた」です。

なぜなら、インターネット予備校ぱすたでは「村中和之」先生の授業が受けられます。

「インターネット予備校ぱすた」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、現代社会のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

【高校生・大学受験】現代社会のおすすめ映像授業ランキング【徹底比較】

物理は東進ハイスクール在宅受講コース

映像授業で物理を学習するなら一番のおすすめは「東進ハイスクール在宅受講コース」です。

なぜなら、東進ハイスクール在宅受講コースでは「やまぐち健一」先生の授業が受けられます。

「東進ハイスクール在宅受講コース」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、物理のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

↓東進ハイスクール在宅受講コースについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

化学は学研プライムゼミ

映像授業で化学を学習するなら一番のおすすめは「学研プライムゼミ」です。

なぜなら、学研プライムゼミでは「鎌田真彰」先生の授業が受けられます。

「学研プライムゼミ」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、化学のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

生物は東進ハイスクール在宅受講コース

映像授業で生物を学習するなら一番のおすすめは「東進ハイスクール在宅受講コース」です。

なぜなら、東進ハイスクール在宅受講コースでは「田部眞哉」先生の授業が受けられます。

「東進ハイスクール在宅受講コース」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、生物のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。


↓東進ハイスクール在宅受講コースについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
東進ハイスクール在宅受講コースの評判は?メリット・デメリットは?

地学は代々木ゼミナールサテライン

映像授業で地学を学習するなら一番のおすすめは「代々木ゼミナールサテライン」です。

なぜなら、代々木ゼミナールサテラインでは「蜷川雅晴」先生の授業が受けられます。

「代々木ゼミナールサテライン」が1位に選ばれた理由や、2位以降のおすすめ映像授業など、地学のおすすめ映像授業について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

関連記事

-動画映像授業・通信教育

Copyright© Study For.(スタディフォー) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.